×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

営業の仕事

営業職というのはどういうものでるのか。営業アシスタントになるにはまずこのことを理解しておかなければなりません。営業アシスタントとの仕事を理解するには、その仕事が営業のサポートをする支えであることを知っておくことです。そうすれば営業にとってどんなう役割を果たし、アシスタントとして何をするべきなのかがわかってくるでしょう。

営業職とは、物品、サービス、情報などの商品を、利益に結びつける仕事です。会社に利益をもたらす重要な役割をしています。営業の能力が高ければ高いだけ、会社に大きい利益をもたらすといえます。販売業務が営業の仕事中心ですが、それぞれの会社によって役割はいろいろあります。

営業アシスタントは会社にとって重要な役割を果たす営業マンにとって心強い味方です。仕事がスムーズに運べるのは営業アシスタントのサポートのおかげなのです。

新規の顧客を開拓することが求められるのが営業の仕事です。その方法は見込み客に営業をかけたり、広告などを利用したり、すでにいる顧客から紹介したもらうなどして、新規顧客を作っていきます。

営業のスタイルは会社にとって様々で、電話であらかじめアポイントを取ってから訪問する営業や、「飛び込み営業」といういわゆるアポイントなしのものもあります。いずれにしても商品を売り込みそれを買ってもらうためにはあらゆる努力が必要でしょう。

営業をかけて話は聞いてくれることもありますが、商品の購入にまでは至らないのがほとんどです。また実際話しをするときはコミュニケーション能力にとどまらず、商品についての知識をうまく伝えることも必要です。

営業はそう簡単にはいかないのです。しかし簡単にいかないから営業は面白いのかもしれません。商品を購入してくれたときの喜びは大きいものですし、達成感や満足感を得ることができるのも営業職の特徴でだといえます。

営業は商品販売後も、顧客のケアをしていかなければなりません。「売って終わり」では次に続かないのです。営業は顧客の管理、スケジュールの管理、予算の管理など自分で行うべきことがたくさんあるばかりでなく、その売り上げにも目標が課せられます。その仕事はまさに時間との戦いであるともいえます。

関連サイト


Copyright © 2008 営業の仕事 All rights reserved.
- ホームページSOS -